蜜の眠り
2000年4月1日初版 アテール文庫(廣済堂出版) 本体価格600円+税
ISBN4-331-60816-6
現代注目を集める女性作家の競作書き下ろしアンソロジー。十人の作家が十通りの「女」を生き生きと描き出します。
柴田よしき作品は『化粧』。次第に歳を重ねて行く自分の未来に、姑の姿をだぶらせた時、主人公の胸に去来したものは何だったのか……「女として老いるということ」をテーマに書いた、初めての、ミステリでもSFでもホラーでもない作品です。

「ハンサムウーマン」明智 抄
「テイスティング」横森理香
「幽霊」中村うさぎ
「「見かけの速度」の求め方」姫野カオルコ
「ツインズ」島村洋子
「睡蓮」恩田 陸
「化粧」柴田よしき
「二000年三月九日」水樹和佳子
「性遍歴」松本侑子
「少女と少年」榎本ナリコ
longr-0entohanarikoshotaro